北欧雑貨に囲まれたい!

普通の会社員であり、普通の主婦であるわたしが、気軽に手軽に北欧インテリアを楽しむ術を追究します!

イギリス雑貨と北欧インテリア

今回は北欧からちょっと外れて、イギリス雑貨について書こうと思います。


イギリス ロンドンは昨年旅行しました。


イギリスのインテリアというと、北欧と比べて
ファンシーだったり、ガーリーだったりするイメージがありますよね。



例えば、イギリス映画の「17歳の肖像」や

17歳の肖像 (字幕版)

17歳の肖像 (字幕版)

「ホリデイ」なんかに出てくるインテリアは
ホリデイ (吹替版)

ホリデイ (吹替版)

まさに「イギリスって感じだなぁ」と思わせられます。


誰もが知っているであろう、「ハリーポッター」もまた然り。



そんなイギリスの雑貨、北欧インテリアとの相性も悪くないんですよ。


イギリスといえば紅茶が有名ですが、紅茶が入っている缶や箱は可愛いものばかり。
f:id:kumamicom:20180820175439j:plain:w300
写真はFORTNUM&MASON。



購入したのは、缶のデザインに惹かれてwhitterdのもの。


中身は飲んでしまいましたが、缶が可愛いのでそのまま飾っています。



こちらはロンドンのスーパーマーケット 、Marks&Spencerで購入した紅茶です。


箱がかわいらしいですよね。
以前紹介したグスタフスベリ風のカップとも合っています。

値段も安かったので、おみやげにもいいと思います。



また、イギリスといえば有名なのがcathkidson。


こちらにかけているエプロンは、以前勤めていた会社の同期たちに結婚祝にいただきました。


インテリアのひとつとして、部屋に馴染んでいます。
(もちろん料理する時には使わせてもらっています)


北欧と、違う国のインテリアの組み合わせ。
挑戦してみてはいかがでしょうか。





f:id:kumamicom:20180820175751j:plain:w300
イギリス コッツウォルズより




にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ


☆今後とも「北欧雑貨に囲まれたい!」をよろしくお願いします。