北欧雑貨に囲まれたい!

普通の会社員であり、普通の主婦であるわたしが、気軽に手軽に北欧インテリアを楽しむ術を追究します!

Fikaな時間

Ska vi fika?

は、スウェーデン語で「お茶しない?」「コーヒーでも飲もうか?」というお誘い文句。

写真は、名古屋のTRUNK COFFEEさんより。


「Fika」(フィーカ)には、「お茶の時間」「休憩時間」の意味があります。


家族や友人などの大切な人と過ごすひと時、
といったニュアンスも含まれるみたいですね。


結婚式のテーマとしても、この言葉を使わせてもらいました。

ウェルカムボードは手作り。今はインテリアのひとつとして飾っています。


Welcome!というより、
みんなでお茶をするような、気軽な気分で楽しんでほしいという気持ちから、この言葉をお借りしました。


とても素敵な言葉ですよね。


休日はそんな「Fika」な時間を過ごすことが多いです。


こちらは世田谷区 豪徳寺の「FIKAFABRIKEN」さん。

お店の名前は直訳すると「お茶の時間工房」とのこと。


スウェーデンをテーマにした、とっても可愛らしいお店です。


お店のカードには、偶然にも結婚式のテーマと同じ
「Ska vi fika?」の文字が。

店内に入ると、店員さんがお菓子についてひとつひとつ説明してくださいました。


いただいたのは、アーモンドケーキのTOSCAKAKAとパッションフルーツの紅茶。

(写真はコーヒーです)


上はカリカリ、下はふわふわのスポンジ。
手作りならではの、優しくて甘いケーキ。

紅茶はパッションフルーツの爽やかな甘さが、ケーキとの相性も抜群。


丁寧で、ゆったりとした時間を過ごせました。


なにも考えず、ただ頭をからっぽにして、Fikaの時間を楽しむ。
それだけのことですが、とても大事で幸せな時間です。


頭をからっぽにするって、簡単に思えて、実はとても難しいんですよね。


カフェの時間でも、ごはんの時間でも、
ただ「ああ、おいしい」とだけ思える時間さえあれば、心も癒されるのではないでしょうか。


FIKAFABRIKENさんでは、シナモンロールもお持ち帰りしました。


翌朝、バルミューダで焼いてみました。

しっとり、もちもち、シナモンの良い香りがして
おいしかったです!


なんとも幸せな、日曜の朝食になりました。


Fikaな時間、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。




写真は、Fikaという北欧菓子店のダーラナホースクッキー。
結婚式のプチギフトに使わせていただきました!
https://kinarino.jp/cat4/12824



にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ


☆今後とも「北欧雑貨に囲まれたい!」をよろしくお願いします。