北欧雑貨に囲まれたい!

普通の会社員であり、普通の主婦であるわたしが、気軽に手軽に北欧インテリアを楽しむ術を追究します!

オランダ雑貨とデザイン

昨年、イギリスと一緒にオランダも旅行しました。

写真はキューケンホフより


オランダは北欧4国に近いだけあって、
気候も街の雰囲気も、北欧とどことなく似ている気がします。


北欧デザインがナチュラル、シンプルであれば
イギリスはガーリーでファンシー
オランダはメルヘンといったところでしょうか。


オランダデザインとして有名なのは、
リートフェルトのこの椅子ですね。
現代の家具シリーズ〈3〉リートフェルトの家具 (1979年)

椅子の名前は「赤と青のいす」

そのまんまやんけ。

というツッコミは置いておいて…


リートフェルトのこの椅子、

デ・ステイルの創立メンバーである、
ピエト・モンドリアンの代表作「コンポジション」に大きな影響を受けているとのこと。


デ・ステイル・・・1917年、ピエト・モンドリアンが中心となって興した造形運動及び雑誌名。


インテリアコーディネーターのテキストにも出ていたので、そのコンポジションを調べてみました。
モンドリアン・コンポジション プリキャンバス複製画・ 【ポスター仕上げ】(6号相当サイズ)

リートフェルトがインスパイアされていることがわかります。
まさにこの絵画から出てきたような椅子ですよね。


オランダのこういった原色使いは、
これが始まりだったのでしょうか。


ミッフィーちゃんで有名なディック・ブルーナさんも、大きく影響を受けたそうです。

ユトレヒトの街中にあるミッフィー


混じりけのない、純粋な色。

かわいくって、元気の出る色ですよね。


オランダを訪れると、色使いが素敵な理由がわかる気がしました。


自然を愛し、人とのつながりを大切にするオランダ。


笑顔が素敵で、優しく温かな人が多かったです!



オランダ雑貨って、あまり聞きませんが
実はとってもかわいい。

こちらはスーパーマーケットのHEMA。


キュートでメルヘンな雑貨が種類豊富に売られており、おみやげを買うならここがおすすめ!


かわいらしい、こんなトートバッグも。


オランダといえば自転車ですね。


写真には撮っていませんが、
ストロープワッフルも可愛い缶に入ってお安く売られています。


オランダのスーパーマーケットは
このHEMAとAlbert Heijn(アルバートバイン)が主流でしょうか。

どちらもスキポール空港にもあります!


ヨーロッパ旅行、というとあまり注目されない(?)オランダですが、とってもおすすめです!




ディック・ブルーナさんの故郷、ユトレヒトより。
いつか住みたいと思うくらい、とても気に入った街です。




↓↓こちらの方も、応援お願いします!↓↓
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ


☆ランキング参加中☆
今後とも「北欧雑貨に囲まれたい!」をよろしくお願いします。