北欧雑貨に囲まれたい!

普通の会社員であり、普通の主婦であるわたしが、気軽に手軽に北欧インテリアを楽しむ術を追究します!

旅の始まりはノートから

実は来月、とある国へ旅行に行くことになりました。
(どこの国かは行くまで秘密)


私は海外へ旅行に行くときは
必ずノートに旅程や行きたい場所・お店をまとめるようにしています。


そのノート選び、けっこう重要。


リング式にするのか、大学ノートにするのか、
A4サイズかA5サイズか、
無地のものか、罫線が入ったものにするか…


学校や仕事で使うノートも、
使うものによって気分が変わりますよね。


今回は、革カバーのこちらのノートにしました。

おなじみ100円均一、ダイソーにて。


まさか革(風)カバー付きノートを
100円で購入できるとは思いませんでした!


最近Smithなどの文房具屋でも、よく見かけるノートカバー。


自分の手持ちのノートにつけることができて、かっこいいんです。


でも、ノート本体を買うより高い。


旅行ノートは一時しか使わないしなぁ
と思っていたので、類似品を安く購入することができて良かったです。


お気に入りのノートだと、綺麗に書こうという気持ちになりますよね。



過去のノートを読み返してみると、
よくもまぁこんなアバウトな内容で、無事に旅行を終えられたなと思います(笑)


ガチガチに予定を組むよりも、

実際に現地に行き、いい感じのお店を見つけたらぷら〜っと入ることが好きなので、細かくスケジューリングはしません。


しかし過去の旅行の経験を踏まえて、
これはメモしておいた方がいいなということをご紹介したいと思います。

その1 空港内の地図

ガイドブックや「地球の歩き方」等に掲載されている、現地空港内の地図をコピーしておきましょう。(本を持ち歩くのは重いので)
空港から市街へ出る際に電車やバスを使うことが多いと思いますが、乗り場がわかりづらいことがあります。地図を持っていると非常に助けられます。
また、出発・到着のターミナルを確認するのにも便利。


その2 お店の休業日と営業時間

せっかく行きたいと思っていたお店でも、閉まっていたら元も子もありません。移動時間ももったいないので、あらかじめ調べておいた方が得策。
調べる時はそのお店の公式HPか、トリップアドバイザーがおすすめ。(google mapの情報は異なる場合があるので注意!)
楽しみにしていたのにお休みだった…という悲しい思いをしなくて済みます。(過去に経験あり)


その3 路線図&乗る予定の路線

これは当たり前かもしれません。
観光する際に乗る予定の路線等はメモしておきましょう!できれば路線図もあらかじめ用意しておいた方が、現地で迷うことがありません。
例えばロンドンは東京並みに地下鉄の路線数が多いため、路線図なしでは迷うこと必至。


以上はメモしておいた方がいいこと。


私はその他に、ホテルの住所や持ち物リストなんかもノートに書き込んでいます。


あとはその国の文化などの予備知識。


ほんのちょこっと、旅行がより楽しくなります♪



あなたもお気に入りの一冊、見つけてみませんか。



↓↓こちらの方も、応援お願いします!↓↓
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ


☆ランキング参加中☆
今後とも「北欧雑貨に囲まれたい!」をよろしくお願いします。