北欧雑貨に囲まれたい!

普通の会社員であり、普通の主婦であるわたしが、気軽に手軽に北欧インテリアを楽しむ術を追究します!

DELFONICSの手帳 〜手帳とノートの活用術〜


事務の仕事に転職して気付いたことは、

手帳が必要ないということ。


前職はどちらかというと外回りの仕事が中心で
電話や訪問先でアポイントを取ることが多かったたため、

手帳は必需品でした。


1ヶ月の予定が書き込みで埋まることもしばしば。


転職して内勤の仕事になり、
打ち合わせ等の予定はすべてoutlookで管理するため、

手帳に書き込む事がなくなりました。


今はほぼ白紙。


職種によって、仕事のスタイルは様々ですね。


年度末に手帳を選ぶ楽しみや
紙媒体がなくなるのは少し寂しい気もします。


今までは仕事用とプライベート用に分けていた手帳も、来年からはひとつで良さそうです。

▪️DELFONICSの手帳

毎年仕事用の手帳には、DELFONICSの手帳を選んでいました。
http://www.delfonics.com/top.html


シンプルなものや大人かわいいデザインのものが多く、外で出しても恥ずかしくありません。

営業職等の女性にもおすすめ!


各月の裏には自由に書き込めるメモのページがあるので、
私はその月に行った打ち合わせや勉強会の内容を書いています。


DELFONICSの手帳は、Smith等の文房具屋さんに置いてありますよ♪


プライベート用には、毎年ミッフィー

キャラクターものの手帳は、PLAZAや東急ハンズによく置いてあります。


キャラクターものでも、縦長のものやシンプルなデザインを選べば意外と子どもっぽくなりません。

▪️手帳の活用術 自由ページの使い方

手帳って、巻末に自由に書けるページがついていることが多いですよね。


みなさまは何を書いていますか?


私は個人的な予定の他に、
暇なときに思い付いたことを書くのが好きです。


例えばカフェの比較表。

チェーン店中心に、私目線の評価を書きました。


某カフェの飲み物について。

けっこうひどい。
※あくまで個人の意見です。


仕事で使う手帳には、クッション言葉やコミュニケーションを取る時に使える言葉を。

咄嗟に出てこない時もあるため。


クッション言葉があるかないかで、話し方の印象が変わりますよね。


基本的であたりまえのことかもしれませんが、大事なことなので書き留めています。

▪️ノートの活用術

手帳に関連して、私が実践するオススメのノートの取り方をご紹介したいと思います。


仕事や勉強にお役立てください。


ポイントは、付箋をよく活用すること!


① 初めての業務や教わったこと、
自分で得た情報や知識はとりあえず付箋に書きます。

※写真はわかりやすくするための例です。


② 情報が蓄積されてきたら、同じ系統の情報ごとに分別します。


③ 作業の手順ごとや、自分のわかりやすい順番に、並び替えます。


④ ページを決めたら、インデックスを付けます。


付箋に書くことで、書き直さなくてもページを好きに替えることができますし、
情報が古くなったら新しい付箋に差し替えることもできて、とても便利!


インデックスは、必要なときに見たいページをすぐ開けるので、付けておくとわかりやすいです。


いろんな方から褒めてもらえるノートの取り方なので
ぜひ参考にしてみてください☆



↓↓こちらの方も、応援お願いします!↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

ブログランキング・にほんブログ村へ



☆ランキング参加中☆
今後とも「北欧雑貨に囲まれたい!」をよろしくお願いします。